最近では自分自身で出版をしたいという風に考える人は非常に増えてきているという風に感じますが、その一方で一体どのようにしたら順調に出版を行うことができるのかということを解説したようなものは、ほとんど見かけなくなっているという風に言えるかもしれません。当然のことながら、自分自身で自費出版を行う場合であっても、どのようにしたら良いのか、というマニュアルをきちんと守って取り組んでいけば、必ずや、ベストセラーと呼ばれるような本にまとめることができるという風に言えるのではないかと考えられます。

 

特に、最近では、会社員などが給料などの減少や保険料の高騰などによって、苦しい生活を強いられており、ビジネスマンが自分自身の経験をもとにして本を書いたりするというケースが多く見られるという風に言われています。様々な生活や、困難な仕事などを通して、獲得した技術などを本という形で一つにまとめ上げることで他の人にも十分に役立ててもらうということが、その目的の一つであるということは間違いなく言えると考えられますが、実際のところ計画書などを書いて出版社に持ち込んだとしてもほとんどの場合は門前払いに会ってしまうというケースが一般的であるということを知らない人は実は多いのではないかと考えられなくもありません。

 

出版社に持ち込みをして、そのまま採用されるというケースは、実は、ほとんどなく多くの場合はレベルが十分に達していなかったりだとか形式的な場面で不十分な状態があることからほとんど考慮されないというふうに聞いたことがあるような気がします。実際、ある民間団体の調査では持ち込まれた原稿やエッセイなどがそのまま採用される確率数%にとどまるとも言われており十分に良いアイデアを持っていたとしても、それをまとめる力がないために門前払いに会ってしまったというケースは意外にも多いという風に聞いたことがあるような気がします。そのため、一つ一つの工程を重要視していくことが重要だということは言うまでもないという風に言えるでしょう。