企画が通らない人の多くが、思い込むものの一つとして、企画の内容が悪いから採用されないのであるというふうに考えている人は案外多いかもしれませんが、実際のところは、むしろ内容よりも形式的な場面が足を引っ張っているというケースが多い、ということはあまり知られていないことであるという風に言えるかもしれません。そのような中で、最近日の目を見ているのが、本屋の開業であるという風に言えるかもしれません。最近では古本屋の開業するためのセミナーが満員になったというような報告がなされている通り都内にある古本屋も減っているなどというニュースも見られている中で、むしろ様々な観点からこれをチャンスと捉えた人々によって、再び古本屋が脚光を浴びているということは言えるかもしれません。当然のことながら、最近ではもう使い捨てるという社会から大きく転換してなるべく物を使い続けたりリサイクルするということが重要視されているようにも感じられており、何の街を見たとしても、古本屋のチェーン店やリサイクルセンターなどが非常に流行しているということは確実に言えるかもしれません。このような店舗が、拡大する要因としてスーパーやデパートなどが潰れた際にその土地を買い取るような形でシェアを広げているということは、確かに言えるのではないかと考えられなくもありません。しかし、その一方で古本屋も、競争が激しく新たに出版業を開拓しようとしてもライバル車に勝つということが一つ難しいという風に言えるのではないかと考えられなくもありません。