当然のことながら、出版業においても、とにかく大きな企業ほどよく本が売れて小さな企業風土閉店しなければならないという事態に入っているということは、大変悩ましいものであるという風に言えるのではないかと考えられなくもありません。一般的な都内の古本屋であっても一年のうちに、何回か古本屋を開業したいなどという人が相談や見学などに訪れるということがあるということも、聞いたことがありますが、出版業はそれほど簡単ではなく様々な準備をしなければならないということを知らない人は多いのかもしれません。ただただ、出版をしたいという気持ちだけではビジネスを広げたり大きくすることはなかなか難しいということを十分に知っておく必要があるという風に言えるのではないかと考えられます。古本屋の店主の中には、その稼ぎだけではどうにも生活することができないため夜の間にアルバイトに行っているという人もいるようですから、その生活の難しさを物語っているという風に言えるかもしれません。出版業は売れなければ、数年のうちに店をたたまなければならない事態になってしまうことも知っておく必要があると考えられますし、積極的に情報収集をしておくことが重要だという風に言えるのではないかと考えられます。とにかく、貧乏になったとしても、自分が好きな古本屋を開業したい出版に関わっていたいという気持ちが強い人のみが古本屋を開業するべきではないかという風に言えるのではないでしょうか。 当然のことながら、このような不況の現代においても出版で一山を当てて儲けたいという風に考えている人が多いのは、ビジネスとしてはまだまだ広がりを見せる予兆があると言えるでしょう。