そもそも、本屋の業績というものが大幅に上がっているという風に言えることが多い、現代においてはその数字が本当であるかどうかということを確かめることは、なかなか難しいと言えます。最も古本屋だけではなくて新刊を扱っている書店であったとしても現在では町に根付いていた土着の小さな本屋などがほとんど潰れてしまっていることなども多く、その代わりに、大きな本屋が吸収するような形で、顧客を獲得している現場は間違いなくあると言えるのではないかと考えられなくもありません。そのような中で、いったいどのようにしてビジネスを拡大するのかということは悩ましい問題であるという風に言えるかもしれません。一般的に古本屋でも同じ傾向があり、新刊のものは、大きく売れているが、古本自体は売れる量がほとんど変わっていないということも言えるようですし、あまり十分にビジネスが順調に拡大しているとはどうも言えないような状況であるということは、間違いなく言えるかもしれません。大手の古本屋さんなどに行ってみると、確かに売り場の半分などが DVD やゲームなどで占められておりメインである古本を扱っているスペースは非常に少なくなってしまっているという現状も見受けられるように感じます。このような状況で古本をいかにして、売り込むのかということは悩みのタネの一つである、という風に言えるかもしれません。古本屋は儲からないということを今一度肝に銘じた上で出版業に関わるかどうかを決めるのが最善の策である、という風に言ってしまっても良いのではないかと考えられなくもありませんね。