本が好きな人にとってみれば、一生お金と関わって生活していくということは、何よりも夢であるというふうに考えている人は多いかもしれません。その証拠に古本屋は働いている人が普通の本屋の店員などよりも、非常に豊富な知識を持っている場合がとても多くどのようにして本を修復するのかということも含めて、積極的に知識を獲得してきたプロフェッショナルである、という風に言えるかもしれません。特に、出版という分野に関して言えば出版に関する知識をしっかりとつけて自分自身一人で全ての出版に関する工程を理解しておくくらいの気概を見せておくことが求められているという風に言ってしまって良いのではないかと考えられなくもありません。特に、専門的な人がお店に来たりした際にはその人に対応するほどの知識をきちんと備えておかなければならない、という点においても決して楽にできることではありませんが、本が好きであればじっくりと知識をつけて準備をした上で、出版業と関わる覚悟をするべきであるという風に言えるのではないかと考えられるでしょう。とにかく、古本屋はものを選ばず雑多な物を置いておくことが求められているという風に言われており、様々なものをぶる必要があり数百年も前の家計簿であったり学校の通信簿のようなものまで売られているということは、果たしてそれに価値があるのかどうかということも含めて、きちんと見極めるしっかりとした目を持っていなければならないということが求められていることは自明だと言えるでしょう。より、一般的な事として言えば自分自身が本が好きであるということはもちろんのこと出版で食べていけるだけの知識をつけてから臨むべきだと言えるでしょう。