最近ではインターネットを用いて書籍を売るという風に新しい手段に飛び込んで来る人も多くなってきたように感じます。出版業を自分自身で改行するという風になった際には、昔であればとにかく人伝いに人脈を広げながら手売りをするような形で、広げて行くことが一般的であったという風にも言われていますが、最近ではインターネットなどの発達によって人と人とが直接会うことなく、本を売ったり買ったりすることができるようになったと言われています。古本屋や書店などであれば、人と顔を突き合わせて様々な話をしながら本に対する思いを交換するような形式もあったわけですが、最近ではインターネット技術の大幅な発達によってそのようなこともほとんど少なくなってしまったということは致し方のないことであるという風に言えなくもありません。しかし、その一方でインターネットによる古本屋や実施店舗の開業などが既存の本屋を脅かすほど発達しているということも確実に言えるようで、インターネットならではの検索機能や、便利さを活かして多くの本を売り上げているという風に言われているようです。そして、インターネットを用いた改行であれば、開業するためにかかる費用が少なく済むというメリットもあるため、利用する人が多いというふうに考えられているようです。最近では、店で売るだけではなかなか経営が成り立たないというふうに考えている人も多いため、通信販売が求められているということは確かに言えるかもしれません。一般的な流れとしては、ある程度、実際の店舗を経営してその経営が慣れてきたようなところで、目録などを作成してインターネットなどにも掲載するようにするとスムーズに行くなどという風にも言われているようです。