古書目録を作るということは、古本屋を開業したり、出版業に携わる人にとっては、特に重要なことであるという風に言えるかもしれません。目録を出すということは、一つ、古本家にとってみれば、認められた証を作るようなことにもなっているため、どのようにして作るのかということも含めてきちんと考えておく必要があるということは言うまでもないことであると考えられます。古本屋は、一般的に言われている通りほとんど儲けが上がらない好きなのがあることから、安定した生活が欲しい人にとってみれば、あまり飛び込むべきところではないという風に言えるかもしれませんが、古書目録を作ったり自分自身が開業したお店にどのような本があるのかということを一度示しておくことで、こういうタイプの本が売れているとかこのような本はあまり売れていないなどという風に判断がつきやすくなるため、順調に、ビジネスを展開することができるというメリットがあるというふうに聞いたことがあるような気がします。また、古本屋を開業した際には、当然出版業と同等のサービスを行うことになるため、個人を相手にするだけではなく、地方の図書館や専門的な図書を集めている団体などとも交渉をすることが出てくるかもしれません。そのような際にもきちんとした毅然としたマナーを守って対応することが求められているということは確かに言えるのではないかと考えられなくもありません。特に、まず目録を作ることで自分自身が出版業に関わっているということを認知してもらうということが、何よりも求められているということであると考えられるのではないかと言えるでしょう。