最近では、様々なかんやキャリアを積むことなしに、値段をつけることができるようになってしまったことは、古本業界の相場を大きく変えることにもなったという風に言えるかもしれません。なぜならば全ての古本は値段が定められていないということが一つ古本屋業界の常識であったわけですが、インターネットの登場などによって、どの本がいくらするのかということが明確に示されるようになってしまった、というふうに考えられているわけです。特に、最近ではインターネットのデータベースを活用して古本の値段を正確に平均するというようなデータベースも存在しているため、数百万冊における本が、そのようにして適正な価格を定められるという風になってしまっているわけです。昔は、古本屋の店主などが出版業を開始した際から、目利きのようなものを行い段々と良い本当悪い本を振り分ける目を養って行ったわけですが、最近ではその役目をインターネットが肩代わりしてやっているということは確実に言えるのではないかと考えられるでしょう。特に古本やの場合には、インターネットなどでのデータベースの検索はもちろんのこと、様々な情報をキャッチするアンテナの高さも必要で、インターネットに頼らない自分自身が足を動かして得るための情報が必要となってくる場面も特に多い、という風に言われることは多いわけですインターネットが登場した現代でも、同様の本が、2倍以上の値段の差がついて取引されているケースもあるわけです。