自費出版の一つの目標としてもあげられることが多いのは、まず、目録を作るということであると言えるかもしれません。このようなものを、手作りで作り上げることをで、自分自身が開いた出版の道を認知してもらえる、ということは確実にあるでしょう。そのようにして認知度を広げていくことによって、出版のビジネスは大きく広く展開していくという風に言えるのではないかと考えられます。当然のことながら、このような目録を作る際にも自費出版と同じようにお金がかかってしまうということを知っておくことは重要です。また、その郵送費や印刷代や印刷するための紙のお金なども含めて、売上と収支が合うようにしなければならない点は、頭を抱えるようなポイントであるという風に言えるかもしれませんが、目録を作成してなるべく多くの人から目録の請求があれば作った意味があるという風に言えるかもしれません。 当然のことながらコストを度外視して目録を作るのではなくてコスト意識しながら計算をすることが重要だという風に言えるのではないかと考えられなくもありません。最近では印刷所などに注文をしなくても自家製の目録でも十分いいものができるくらいにプリンターの技術が上がってきていることもそれを後押しすることができる要素であると言えるのではないでしょうか。プロ用のものでは現代でも非常に高い値段がするものもありますが、そのようなものは、家庭的なプリンターであったとしても良心的な値段で本を作ったり目録を作ったりすることができるのではないかと消えそうです。