印刷にも幾つか種類がありますが、大別すると、オンデマンド印刷とオフセット印刷とがあります。オンデマンド印刷は部数が少ない時に便利な方法で、数冊から気軽に発注することが出来ます。但し大部になると費用が高くなる傾向にあり、その場合はオフセット印刷の方が向いています。オフセット印刷の特徴は、数十冊の差くらいでは、ほとんど費用が変わらない点です。ですから初心者は誤解し易いのですが、50冊印刷するのと、100冊印刷するのとは、印刷費用面ではほとんど差が無いのです。複数回に分けて印刷すると、無駄な費用が発生しますから、余分に刷っておくのが無難です。

 流通に関しては、最低部数という概念が存在します。150冊以上無ければ、流通に乗せてもらうことが叶いません。但し、多過ぎても配本してもらえないことがあります。売れ行きの好調な本を除けば、数千冊に及ぶ配本は受け付けてもらえないのです。理由は単純で、出版不況に喘いでいるからです。つまり自費出版のレベルであれば、150冊以上、1000冊以下の範囲で、担当者と打ち合わせることになります。

 さて、装丁に関しても、最低限の基礎知識は学んでおきましょう。初心者の人にとっては、装丁のデザイン、材質等を決めることは、心を躍らせるものです。しかし装丁の如何によって費用が激しく上下することは覚えておきましょう。例えば強度の高い紙を使用すると、それだけでかなりの額に上ります。またカラフルな仕様を目指しても、それだけ追加費用が発生します。典型的な仕様は2色刷りと4色刷りですが、両者は費用面で全く異なります。デザインの実際は、業者の担当者が案を出してくれるはずです。ハードカバーの本は高級感があるものの、それだけ費用が高くなります。

 自費出版を初めて試みる人は、まず原稿を準備する必要があります。しかし極度に神経質になる必要はありません。自費出版は編集に厳しく手直しされることも、校正に誤植を指摘されることもありません。それは、自費出版の目的からして、文法の正しさや、文学的な言葉遣いを、さほど意識しなくても良いからです。もちろんフィクションであれば、それなりに文学的な知識が必要になるでしょうが、ビジネスの指南書、自伝といったジャンルで上梓するつもりなら、殊更気にすることはありません。

 では自費出版の原稿に求められるものとは何でしょうか。それは、自らの熱い想いと言えるでしょう。文学賞の受賞を目的にしているわけではないのですから、自費出版には競争という概念がありません。他人の作品の出来と比較する必要が無いのです。従って、自分の言葉で、自分の思いの丈をぶつければ、後は読者に委ねるだけでよいのです。文章を書くことに慣れていなければ、最初は筆が進まないはずです。それは誰しも書き手として経験することですから、心配しないで下さい。それよりも、マイペースを保ちながら、楽しみながら執筆することが大切です。気に入らなければ何度も書き直して構いません。商業出版のように、締め切りを気にすることもありません。

 このようにお話しすると、注意事項が全くないのだと誤解する方もいらっしゃいますが、出版する以上、最低限守るべきルールは存在します。一つは、オリジナルの文章であることです。著作権を侵害するような文章は絶対に許されません。二つには、他人の個人情報を晒してはならないということです。たとえ自伝であったとしても、そこに知人を登場させるのであれば、彼らの個人情報を掲載するわけにはいきません。

最近では、様々なかんやキャリアを積むことなしに、値段をつけることができるようになってしまったことは、古本業界の相場を大きく変えることにもなったという風に言えるかもしれません。なぜならば全ての古本は値段が定められていないということが一つ古本屋業界の常識であったわけですが、インターネットの登場などによって、どの本がいくらするのかということが明確に示されるようになってしまった、というふうに考えられているわけです。特に、最近ではインターネットのデータベースを活用して古本の値段を正確に平均するというようなデータベースも存在しているため、数百万冊における本が、そのようにして適正な価格を定められるという風になってしまっているわけです。昔は、古本屋の店主などが出版業を開始した際から、目利きのようなものを行い段々と良い本当悪い本を振り分ける目を養って行ったわけですが、最近ではその役目をインターネットが肩代わりしてやっているということは確実に言えるのではないかと考えられるでしょう。特に古本やの場合には、インターネットなどでのデータベースの検索はもちろんのこと、様々な情報をキャッチするアンテナの高さも必要で、インターネットに頼らない自分自身が足を動かして得るための情報が必要となってくる場面も特に多い、という風に言われることは多いわけですインターネットが登場した現代でも、同様の本が、2倍以上の値段の差がついて取引されているケースもあるわけです。

最近では、様々なかんやキャリアを積むことなしに、値段をつけることができるようになってしまったことは、古本業界の相場を大きく変えることにもなったという風に言えるかもしれません。なぜならば全ての古本は値段が定められていないということが一つ古本屋業界の常識であったわけですが、インターネットの登場などによって、どの本がいくらするのかということが明確に示されるようになってしまった、というふうに考えられているわけです。特に、最近ではインターネットのデータベースを活用して古本の値段を正確に平均するというようなデータベースも存在しているため、数百万冊における本が、そのようにして適正な価格を定められるという風になってしまっているわけです。昔は、古本屋の店主などが出版業を開始した際から、目利きのようなものを行い段々と良い本当悪い本を振り分ける目を養って行ったわけですが、最近ではその役目をインターネットが肩代わりしてやっているということは確実に言えるのではないかと考えられるでしょう。特に古本やの場合には、インターネットなどでのデータベースの検索はもちろんのこと、様々な情報をキャッチするアンテナの高さも必要で、インターネットに頼らない自分自身が足を動かして得るための情報が必要となってくる場面も特に多い、という風に言われることは多いわけですインターネットが登場した現代でも、同様の本が、2倍以上の値段の差がついて取引されているケースもあるわけです。

出版業を始めるための第一歩として、目録をどのように作るのかということをあまり重要だと考えていない人もいるかもしれませんが、この目録作りが転んでしまうようだと今後順調に出版業を行っていくことは相当難しいというふうに言い切ってしまってもいいかもしれません。それくらいに目録を作るということは、ある意味自費出版業を成功させるか否かの試金石となっている部分があり、全力で取り組まなければならないということは確実に言えることであると言えそうです。しかし、残念ながら最近ではインターネットによる取引などが増加しているため、十分にこのような知識をつけないまま、出版量に飛び込んでしまう人が、大きな困難に直面している人も多いという風に聞いたことがあるような気がしてなりません。このような人でも、きちんと目録を作成するなどして、自分自身がどのような出版物を扱っているのかということを認知しておけば、スムーズに事が運ぶことは間違いないという風に言えるのではないかと考えられるわけです。そして何よりも目録を作ったらなるべく多くの人に周知してもらうということも重要ですし、目録を通して自分自身の出店がどのような性質を持っているのかということをはっきりと認知してもらうということが求められていることであると考えられなくもないのではないでしょうか。一つ一つの作業を丁寧に行うことで、特に、古本について理解を深めてもらうということも重要だという風に言ってしまってよいでしょう。