出版業を始めるための第一歩として、目録をどのように作るのかということをあまり重要だと考えていない人もいるかもしれませんが、この目録作りが転んでしまうようだと今後順調に出版業を行っていくことは相当難しいというふうに言い切ってしまってもいいかもしれません。それくらいに目録を作るということは、ある意味自費出版業を成功させるか否かの試金石となっている部分があり、全力で取り組まなければならないということは確実に言えることであると言えそうです。しかし、残念ながら最近ではインターネットによる取引などが増加しているため、十分にこのような知識をつけないまま、出版量に飛び込んでしまう人が、大きな困難に直面している人も多いという風に聞いたことがあるような気がしてなりません。このような人でも、きちんと目録を作成するなどして、自分自身がどのような出版物を扱っているのかということを認知しておけば、スムーズに事が運ぶことは間違いないという風に言えるのではないかと考えられるわけです。そして何よりも目録を作ったらなるべく多くの人に周知してもらうということも重要ですし、目録を通して自分自身の出店がどのような性質を持っているのかということをはっきりと認知してもらうということが求められていることであると考えられなくもないのではないでしょうか。一つ一つの作業を丁寧に行うことで、特に、古本について理解を深めてもらうということも重要だという風に言ってしまってよいでしょう。